矯正歯科で相談する

矯正歯科で審美ブラケットを

トップ / 矯正歯科で審美ブラケットを

大人の矯正には審美ブラケット 

歯並びが悪いと口元のコンプレックスに繋がりますし、虫歯や歯周病といった症状も招きやすくなります。しかし、大人になってからの矯正は、抵抗を感じてしまいがちです。通常、矯正歯科で歯並びを改善する治療に用いる金属製の器具やワイヤーは丈夫で、歯に力をかけやすいというメリットがある一方、どうしても目立ってしまう為、気になるという方が多いようです。より目立たない矯正を受けたいなら、「審美ブラケット」を矯正歯科で相談してみましょう。審美ブラケットは金属製の器具を使わないので、治療を受けている事が分かり難いと人気です。

矯正での痛みについて 

矯正をすると、人によって装置付けた時や、装置を調整したときに鈍い痛みを歯に感じることがあります。装置をつけてから歯が動く準備を始めるとそれに伴い、鈍い痛みや歯が浮くような感覚になり、通常は2,3日で治ります。人によって、初めからほとんど違和感すらない方や、食べ物を噛むときに痛みを感じるという人もいます。痛みが辛い場合には、担当医に相談して、鎮痛剤を服用するなどをすることができます。矯正の痛みは歯が動いている証拠なので、悪いということはありません。

知っておきたい美容情報